ロゴ

医学部受験に合格するための秘訣|予備校に通って学ぶ

予備校を利用する

医学部受験は簡単なものではなく、難易度が高いものとなっているのでちょっとやそっとの勉強では合格することは出来ないと言えるでしょう。そのため、医学部予備校に通ってしっかりと勉強することことが合格への近道だと言えるでしょう。

自分で勉強?それとも予備校?

自分で勉強をする

試験対策の本などが販売されているため、自主学習することが可能です。自分のペースで勉強することができ、かかる費用も本の購入費用だけなので安価で済ませることができます。

予備校に通う

わからないことはすぐに質問をすることができ、理解できるまで教えてもらうことができます。効率よく学べるカリキュラムが組まれているので、たくさんの知識を得ることが可能です。

[PR]
医学部受験を希望
現役や高卒のコースが選べる

憧れの医学部に進学したい人必見<効率よく学べる予備校>

お守り

評判を調べる

医学部の予備校に通う場合、どこでも良いというわけではありません。予備校によってカリキュラムや費用内容が違ってくるため、自分に適したところでないと通うことが難しくなってしまうでしょう。そのため、まずは評判を確認してから自分に合ったところを選ぶと良いです。

女性

早ければ中3から通える

医学部予備校は中3から通うことができるところもあり、中学の時に医学部受験を目指したいと思った人は早いうちから通うと良いでしょう。また、小学生など早い段階から医学部を目指すという場合は中高一貫校に入学するのがおすすめです。

勉強

志望校に合わせて選ぶ

医学部予備校ではセンター試験対策や学校別で対策をしていることがあり、学校別で試験が出題される志望校に対してセンター試験対策をしても効率が良い勉強法とは言えないでしょう。そのため、志望校に応じて通う予備校を選ぶことがポイントです。

[PR]
医学部予備校の評判を確認
基礎をしっかり固めよう

早めのうちに運転免許も取得

医学部予備校に医学部受験、それからは勉強漬けで卒業後は研修医と常に勉強をする日々になります。また、勉強漬けの日々が過ぎれば晴れて医師になることができるのですが長期休暇などがとりにくくなるでしょう。そのため、早めのうちに車の免許を取得しておくことをおすすめします。免許合宿であれば2週間で取得することが可能です。